No.1 ゲーム時の栄養士の仕事とは

Jリーグ(J1)2ndステージもあと2試合。
今年から延長戦がなくなったこともあると思いますが、これまでにない程混戦で、昨日の時点で8位までが優勝を狙えるとのこと。
今日勝つか負けるかで、優勝可能かどうかもそうですが、順位は大きくかわってきます。

リーグ終盤ともなると、どのチームもそうですが怪我人も多くなり、疲労もピークに達しています。
そういった中で、栄養の意味は大きく、選手もいかに食事で変わるかが実感してわかっているので質問が多くなります。
「筋肉に張りがあるんだけど」「風邪っぽい」「身体にキレがほしい」「体重がいつもより重いのが気になって」・・・
悩みに度合いがあるものの、とにかく聞いてきます。
「勝ちたい」ではなく、「勝つ」という強い気持ちが感じられる中で、やはりスタッフとしてできることはやろうと、メニュー作成・食事のポイント・サプリメント・・・など、とにかくやるべきことはやりました。

それをふまえてのゲームです。
そこで今回は、栄養士がゲーム時にどんなサポートを行っているのかを紹介したいと思います。
チームの契約上、守秘義務があるので選手個々の内容は避けますが、時間の流れにそって大まかに内容を紹介します。

9:00 東京ヴェルディ1969クラブハウス着

ゲームメンバー外の選手は10:00よりトレーニングを行います。
そのための、選手がグラウンドやロッカールームで使用するドリンク・フルーツ・サプリメント等の準備をします。

選手がグラウンドに出たら、今日のゲームで使用する荷物を確認したりします。
今日は来客があり、ミーティングを行いました。

12:00 スタジアムへ出発

ゲームに使用する荷物を「荷物車(ヴェルディトラック)」へ運びます。
ホペイロ(用具係)は、選手のスパイクやユニホーム、ベンチコートなどを運びます。
私は、

  • ①ドリンク(スポンサー提供の物) 約10ケース
  • ②フルーツ(オレンジ・バナナなど)
  • ③クーラーボックス 3ヶ
  • ④どぶづけ 1ヶ
  • ⑤スクイズボトル 6〜10本
  • ⑥ポット
  • ⑦サプリメント
  • ⑧氷
  • ⑨ボトルケース
  • ⑩体重計・記入用紙

・・・など、とにかく選手が口にいれるもの、それに関連するもの全てを用意して、荷物車へ運びます。

結構な量で、全部積み込むのに30〜50分程度かかります。
積み込みが終わったら、スタジアムへむけて出発。

12:15 スタジアム着

試合4時間前ぐらいにはスタジアムに入り、選手が来る前にロッカールームの用意をします。

先ほど荷物車へ積み込んだ荷物をロッカールームに運びいれて、そこから約1時間かけて用意をします。
ホペイロは選手のスパイク・ユニホームなどを、私は下記のような準備をしますが、基本的に2人で用意します。

どんなことを用意するかというと、

①ロッカールームドリンク

どぶづけにスポンサー提供のドリンク(お茶・100%ジュース・ミネラルウォーターなど)を入れて冷やします。
スポーツドリンクは、≪エネルギー補給のもの≫≪ミネラル補給のもの≫・・・など、市販のスポーツドリンクを混ぜてヴェルディオリジナルのものをつくっています。
ちなみに、気温(夏場と冬場)でも内容を変えています。
それから、≪脚がつりやすい選手≫≪疲労気味の選手≫・・・にはその時のコンディションによって、ドリンクの栄養成分、吸収率などを考慮して、個人専用のドリンクも作ります。
背番号・飲むタイミングを記入して冷やしておきます。

②フルーツ

試合前用に、バナナを用意。

③グラウンドドリンク

FIFAの規定で、グラウンドにおくのは≪ミネラルウォーター≫のみとされています。
スポーツドリンクを置いているチームもありますが・・・
スクイズボトルで約40本程度用意します。
アップ時に使用するドリンク、グラウンドの周りにおくドリンクに分けて、気温によって冷やす温度を変えます。

④サプリメント

≪エネルギー補給≫のものはだれでもとれるようにテーブルにおいておきます。
あとは、選手個々に必要なサプリメントを用意して、それぞれのロッカーにおきます。

ロッカールーム

例えば・・・

脚がつりやすい選手・膝に痛みのある選手・風邪気味の選手・・・
試合メンバー16名、もちろんポジションも異なりますし、同じポジションでも守備的か攻撃的かによっても運動量が全く違います。
それにあうように、サプリメントを個々に用意します。

ロッカーに入ったらすぐとるもの、アップ前、ゲーム直前、ハーフタイム、ゲーム後と、タイミングによってとるサプリメントは違います。

これはある選手のロッカーの様子。
ちょっと見えにくいですが、ロッカーに着いたらまずとるサプリメント、アップ前・・・などにわけておいてあります。
もちろんあらかじめ選手にはゲームでどんなサプリメントを用意するか話はしておきます。

このように、ゲーム前やハーフタイムなどの限られた時間を有効に使えるように、工夫しています。

⑤その他

スタッフが飲むコーヒーのセッティング、氷の補給・・・など

13:15 選手スタジアム(ロッカールーム)入り

ロッカールームに入る選手を迎えます。
バスから監督・コーチ・ドクター・選手・・・といつも決まった順に降りてロッカールームに入りますが、必要な選手にはその時にサプリメント、ドリンクの指示。
コンディション等で気になることがあれば、そのときに選手が言ってくるので、それに応じてサプリメントやドリンクの取り方の指示をかえることもあります。

選手がロッカールームで着替え・ミーティングしている間に、試合後に食べるフルーツの用意をします。

オレンジ

包丁・まな板・除菌スプレーをもって、給湯室へ(スタジアムには必ずあります)。
オレンジ20個をカット。
食べやすい大きさ、切込みをいれて、約10分程度で終了。
次の仕事があるので、急ぎます。

場合によっては、イチゴやキウイ・グレープフルーツが入ることもあります。

15:00 アップ開始

ここでとるドリンクやサプリメントが、とても大事です。
アップに向かう選手に「頑張れ!」ではなく、「○○ドリンクとった?」と声をかけます。

今日もありましたが、緊張気味の選手はナーバスになっていて「このドリンクでいいの?」とか、「ほかに何かとる?」と聞いてきます。選手によっては冗談を言ってその場だけでも緊張をとらせたりもするのですが、今日極度に緊張していたある選手にいったのは

「食事もずっと気をつけてきたよね。指示したサプリメントもこの一週間ずっととってるよね。
昨日も前泊のホテルで食事チェックしたし、今も指示したドリンク飲んだよね。
じゃあ、完璧!これで脚つるなんてありえないから。ハーフタイムにもちゃんとドリンク用意しておくから前半思いっきりやってきて!」

といって送り出しました。

「はい!」と選手は言ってアップに向かいましたが、サプリメントにはプラセボ効果というものがあります。
効果のないサプリメントを「すごくいいから」といって飲ませると、効果がある場合があるのです。
もちろん、その選手に必要なドリンクであったりサプリメントを渡していますが、ゲーム前の選手には特にこの効果が大事だと思います。

さて選手がアップしている間に、ロッカールームに戻り、アップ後に選手が飲むドリンクを紙コップにいれて用意します。
スポーツドリンクも≪エネルギー補給のもの≫≪ミネラル補給のもの≫・・・があるといいましたが、数種類の中から選んで、必要な選手にはユニホームの横に並べておいておきます。

アップから戻ってきた選手と入れ違いで、今度はグラウンドへ行きます。
選手がアップで使用したドリンクの補充をします。
それをベンチに並べます。

16:00 ゲーム

ゲーム開始5分までは、そのままグラウンドで試合をみます。
その後ロッカーにもどり、選手が使った紙コップなどを処分し、ハーフタイムに備えます。
ロッカーにはTVがあるので、そこでゲームをチェックしながらそういった準備をしますが、ある程度用意が終わったら、グラウンドにでてそこでゲームをみます。
「ゲームをみる」というのは、「選手の状態をみる」ことで、必要であればまたそこでドリンクを作り直したりもします。

前半終了5分前から、ロッカールームに戻ってハーフタイムの用意。
サプリメント・ドリンクなどを用意します。

選手がロッカーに戻るのと入れ替えで、ベンチのドリンクを補充に行きます。

今日はそのときにちょっとアクシデントが。
ベンチでドリンクを補充していると携帯がなりました。チームスタッフからだったのですが選手が呼んでいるとのこと!
あわててベンチのドリンクをそのままにして、ロッカーに向かいました。
どうやらロッカーに用意していたサプリメントが見つけられなかったようですが(緊張?)、もう一度とるドリンクを確認してもらいました。
それから急いでグラウンドへ戻って、ドリンクを補充しましたが、短いハーフタイムでロッカールームからグラウンドへの移動は大変です。

後半がはじまると、今度はロッカールームに戻って使用した紙コップなどの処分をします。
それから、ゲーム後に食べるオレンジやバナナをテーブルに並べたり、もちろんドリンクやサプリメントも用意します。
あとはホームゲームの場合はお弁当は用意しないので、炭水化物だけでなくたんぱく質がとれるように「アミノ酸ゼリー」なども用意します。

18:00 ゲーム終了

今日の結果は、ひきわけ。これで優勝の可能性はなくなりました。
残り1分で同点に追いついただけでも・・・とか、1st下位争いをしていたのがここまできたのだから・・・とフォローする。
スタッフが多い中、選手は本当に悔しそうでした。
FC東京もシュートを結構はずしていましたが、あれが決まっていれば・・・という決定的な場面が何度もあっただけに、残念です。
でも選手は本当によくやったと思います。
詳しいことはいえませんが、この1週間本当にベストを尽くしたと。

さて栄養の話。
ゲーム後の栄養は疲労回復・次の試合を良いコンディションで迎えるためにとても重要です。
選手は個々に用意されたサプリメントをとり、フルーツをとり、ドリンクをとります。
サプリメントは≪炭水化物≫≪アミノ酸≫≪ビタミンB群≫・・・など。
ゲーム時の選手のコンディション、運動量などをみて、何をどのくらいとらせるかは決めます。

選手が着替えている間、今度は試合で使った用具を荷物車へ運びます。
帰りの荷物は、行きよりも重い・・・
というのは、ユニホームは汗、タオルは水ををすって重くなっています。
しかも、使ったものをどんどんバックにいれてあるので、行きよりもかさばっているような。
それを台車でどんどん運びます。

荷物運びをしながら、ロッカールームから出てきた選手に
「脚つらなかったけど、後半やばかった」とか、「今日は何食っとけばいい?」「今日使ったサプリメントはよかったかも」とかいろいろ言われます。
特に点を決めたり、決定的なシュートを守った、そういう自分でも満足するプレーをした選手は、今日使ったサプリメントを次のゲームでも用意して!とリクエストしてきたり。

あとは、ゲームでどこかを痛めた選手。
そういう選手は、今晩から明日にかけての食事で何を食べればよいか聞いてきます。
ここでのポイントは、難しい理屈を抜きにして「豚肉のしょうが焼き」「うな丼」のように、料理の名前をだして具体的に食べるものを指示します。
思うに選手は試合で脳も相当疲労して、そのときに難しいことを言っても頭に入らない・・・ので。

それから、「今日は○○をとってね。」とお疲れの挨拶がわりに食事のポイントを言うことも多いです。

選手がスタジアムから出た後は、ロッカールームの片付けです。
ゲームが終わってスタッフがスタジアムを出るのは、1時間から1時間半後。

この時間「何たべればよかったんだっけ?」と電話で確認してきたり、メールで内容を送ることもあります。

ホームかアウェイか、ゲームメンバーによっても、栄養士の仕事は変わってきます。
今回は、ゲーム時のスタジアムでの仕事の様子を簡単に紹介しました。
「優勝」という漠然とした目標ではなく、1試合1試合を勝つことがいかに大事か、そして選手が良いコンディションでゲームにのぞむために何ができるのか、よく毎日を精一杯生きるということをききますが、それを実感して毎日仕事をしています。
次の試合までやることはたくさんあります!
スタジアムに行っても選手の状態・動きが気にして、サッカーを純粋に楽しめないのは少し残念ですが、ゲーム後に「Thank you!」といわれるのはやはり気持ちがいいものです。


勝てるカラダをつくる!10代選手の栄養と食事

勝てるカラダをつくる!10代選手の栄養と食事

川端理香監修 定価:1,260円(税込)

成長期の注意点、ケガや減量中、試合前の食事など、アスリートに必用な栄養とレシピを目的別に紹介。

購入する

スポーツ選手の完全食事メニュー

スポーツ選手の完全食事メニュー

川端理香監修 定価:1,764円(税込)

プロも実践しているレシピ集。
朝・昼・夕食の主菜、副菜、もう一品の献立に、デザートやスープ、ドリンクなどを掲載。毎日献立をそのまま使えるだけでなく、カロリーを表示で自由自在にくみあわせることも可能です。
夜食や間食、試合前のメニューなども掲載。またプロ選手たちの食事の裏話や工夫も紹介されています。

購入する

コンビニでも摂れる勝つための栄養食BOOK

コンビニでも摂れる勝つための栄養食BOOK

川端理香監修 定価:1,000円(税込)

※申し訳ございません。ただいま在庫切れです。

アテネ五輪をサポートした「VICTORY PROJECT」のチーフ栄養管理士が、栄養学を徹底指導!
瞬発力アップ、集中力アップ、骨折、肉離れ、食欲不振・・・・・・。目的別コンビニ食の摂り方をズバリ解説します。
Jリーグの東京ヴェルディ1969のクラブハウスの食事メニューや浦和レッズの寮のレシピなど滅多にみられないリポートも満載!

購入する

勝てるカラダをつくる!サッカー選手の栄養と食事

勝てるカラダをつくる!サッカー選手の栄養と食事

川端理香監修 定価:1,365円(税込)

サッカー選手に必要な栄養と食事について、スケジュール別(練習期、調整期、試合期)、ケガの回復など症状別、上手な間食の取り方など栄養とレシピを紹介。

購入する

アスリートを勝利に導く!食事と栄養 究極のポイント50

アスリートを勝利に導く!食事と栄養 究極のポイント50

川端理香監修 定価:1,575円(税込)

「勝つカラダ」の作り方がわかる!ちょっとした工夫でライバルに差がつく!グラフや図などデータをもとにも解説。さらには具体的なレシピも掲載。スポーツ栄養を簡潔にまとめた実践しやすい1冊

購入する

勝てるカラダをつくる!野球選手の栄養と食事

勝てるカラダをつくる!野球選手の栄養と食事

川端理香監修 定価:1,365円(税込)

野球選手のポジション別、目的別(練習、試合など)、怪我の症状別などの食事メニューや必要な栄養などを紹介

購入する

10日間カンタンバランスメニュー

10日間カンタンバランスメニュー

川端理香監修 定価:1,280円(税込)

ビリーズブオートキャンプやコアリズムでおなじみのexabodyより、エクササイズと併用すると効果的なレシピ本が発売になりました。
基本メニューに「筋力アップ」「体質改善」「健康キープ」「脂肪カット」と目的にあわせた副菜のチョイスができ、これまでのレシピ本とは違います!!

購入する

子どもの身長を伸ばす栄養と食事

子どもの身長を伸ばす栄養と食事

川端理香著 定価:1,260円(税込)

身長は遺伝だけでは決まりません!身長を伸ばすための食事や栄養について紹介

購入する